MENU

淫魔の箱庭

"
タイトル 淫魔の箱庭
品番d_174794
タグ成人向け,メイド,巨乳,貧乳・微乳,中出し,パイズリ,おっぱい,ロールプレイング,逆転無し,エルフ・妖精,天使・悪魔,男性向け,デモ・体験版あり
メーカー開発室
発売日2020/03/22 16:00
販売数188
お気に入り数120
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【開発室】室内で微乳メイドが中出しするエロゲ

『ストーリー』 貴方は淫魔を討伐する任務を受けて、流れのハンターとしてある町を訪れます。 そこで元凶である淫女王を見つけ出して倒し、 囚われている町の人たちを解放することが目的となります。 『バトルシステム』 コマンドを選んで戦う、シンプルなターン制バトルです。 相手に快感を与えて絶頂させると勝利ですが、 逆にこちらがイかされてしまうと負けになります。 敵を追い詰めた時の表情変化や、 服を脱がした時の脱衣差分があります。 『敗北イベント』 淫魔の罠に嵌るか、戦闘に負けてもゲームオーバーにはならず、 各キャラの敗北シーンに移行して、その後拠点に戻されます。 その際に負けたキャラの台詞が変化し、戦闘難易度も上がります。 さらに三回目以降は挑戦すらできずに敗北し、レベルを1失います。 『町の施設』 淫魔の箱庭には様々な施設があります。 アイテムを使えなくなる変わりに、勝ち抜くたびに貰える報酬が増える闘技場。 淫魔と戦うことで魔貨や経験値がもらえる、男娼や娼館。 特別な依頼を受けることができるハンター協会。 精力と気力を全回復する緑の水晶。 倒した淫魔の敗北シーンを見ることができる回想部屋等など…。 『その他の機能』 敗北の記憶を消したり、戦闘難易度の調整、名前の変更。 戦闘描写や敗北シーンのオン・オフ。 Aitキーでの文章スキップ、F5キーでのゲームのリセット。 その他にも便利な機能があります。 『イラスト枚数やシーンについて』 キャラ絵は通常敵20+AB差分、ボス16 描写絵は通常敵20+AB差分、ボス32 戦闘時の敗北は描写絵なしの立ち絵のみが6パターン。 必殺敗北と罠が、描写絵枚数分あります。 さらに敗北3回目まで、全てのシーンが変化します。 レベルドレインやミニゲーム、その他特殊なシーン敗北もありますが、 こちらは回想部屋に登録されません。 また、体験版のセーブデータが完全版に引き継ぎができないのも仕様です。 不具合修正等のサポートは、 販売サイトからゲーム本体を再ダウンロードしていただくことになります。 また、動作に問題が起きた場合はCi-enサイトにコメントをして頂けると助かります。

淫魔の箱庭
"""

前作「淫魔の呪い」クリア済み、その前のタイトルは「淫魔の人形」を序盤だけプレイ。 「淫魔の人形」のようなセミリアルタイムバトルが合わなかった自分には前作のシンプルなターン制を採用してくれた事で購入にすんなり踏み切れた。 また、前作が本作と同様キャラクターが魅力的だっただけに負けイベントの専用イラストがないのが残念だった。 その為本作は雑魚敵にも専用イラストが追加され、キャストオフバージョンもあり、テキストも豊富(+敗北2回、屈服2回、強●敗北1回)。 マップは狭いながらもシステムの違う施設、特殊条件下で発生させるイベントなどをたくさん配置することで狭さを感じなかった。 戦闘バランスも雑魚敵にはそれなりに、ボス戦は結構歯応えがあって苦戦するように出来ていた。 ただ、あるいくつかの技の習得まではボス挑戦の条件をクリアしても勝利が難しく、「いつ挑んだ方が良いか」などがあくまでゲーム中はそこまで詳しく説明されていないので、「推奨レベル」をボス部屋入室前やクエスト受注の説明時に表記するなどしても良かった気がした。 また、序盤の終わりのイベント後に拠点に現れるキャラクターがいるのだが、それに関してはレベリングをせずにそのイベントに差し掛かると高確率で敗北する上に拠点の機能の一つを封鎖してしまう。(倒すと別の場所に移動する)。 総じて「少し不満点はあるものの、前作からパワーアップして、Mシチュのイベントにも厚みが増してかなり楽しめた」という印象。

トップ